社長が変わると車づくりも変わる

社長が変わると車づくりも変わる

トヨタ自動車の「86」は同社の往年の名車「ハチロク」から車名をもらっていて、トヨタ自動車としてはかなり久し振りの2ドアクーペのスポーツカーです。

その前っていうとセリカやMR-Sまでさかのぼらないといけないのかな。

いずれにしてもかなり前ですね。

今の社長になってからレクサスLF-Aやトヨタ86を作ったりしていますが、トヨタみたいな巨大な会社でも社長が変わるだけでこんなに変わるんだなぁと実感した記憶があります。

そんな86ですが、開発車がトークセッションで語ったところによると、ハチロクが登場する人気漫画(すでに連載終了)がなかったら、86は作られてなかったということです。

この漫画っていわゆる公道レースを繰り返すもので、道交法違反を助長するようなマンガです。

そんなマンガの影響で作られたなんて堂々と口にするあたり、トヨタ自動車も変わってきたとうことでしょうか。

トヨタというと車自体は良く出来ているけど、なんとなくつまらない車ばかり作るメーカーというイメージを持っていました。

実際、ハイブリッドカーが目立つようになってからはその傾向が強まったのかな?と思った時期もありましたが、少なくとも今の社長が現役の間は欲しくなる車、運転が楽しい車の開発を続けて欲しいですね。

 

サイトマップ